3D-SCAN

用途

CASE01

CASE01

施設によっては天井の高い空間など、計測が容易ではないケースも少なくないと思います。そんな広い空間も3Dスキャナなら容易に計測が可能です。レーザー照射が届く範囲であれば、わざわざ足場などの設置がなくても計測ができます。

戻る

CASE02

CASE02

長年稼働しているプラント施設や機械装置なども、3Dスキャナを活用することで、機械装置の入替のプランニングを作成することが可能です。既存の機械を撤去、移設した場合のイメージ作成にもデータ活用が可能です。専用のソフトを使えば、搬入時の機器干渉イメージも作成可能です。

戻る

CASE03

CASE03

火災などで貴重な歴史的建造物が消失してしまった際に、データ情報が残っていれば、それを基に復旧工事が可能になります。また、建造物の老朽化による修復作業時にも現存するデータをストックすることにより、万が一の際にデータを活用する事ができます。こういったケースにも是非スキャナをご活用ください。

戻る

CASE04

CASE04

人が入り込むには狭すぎる天井内や地下施設などにも3Dスキャナが最適です。狭い空間内にもスキャナ本体が入れるスペースがあれば、計測が可能です。また、狭い空間ですと照度が足りない空間もあるかと思います。そういった空間内でもレーザーには影響がないため、測定が可能です。

戻る

3Dスキャナによる現場調査 ケンドロ×スキャナ

  • 3Dスキャナ
  • スキャン実績
  • 紹介ムービー